電子タバコの安全性は?

日本製の電子タバコにはニコチンなどの成分は入っていない

電子タバコは紙巻きタバコに代わる嗜好品として出回っていますが、手軽に使える一方で安全性が問題視されています。紙巻きタバコのような依存性を危惧する声もありますが、日本製の電子タバコは従来の紙巻きタバコとは異なり、ニコチンやタールなどの有害な成分は含まれていません。タバコが健康に悪いと言われているのはこれらの成分には強い依存性があり、がんなどの病気を誘発するおそれがあるためです。電子タバコは紙巻きタバコに似せた風味を堪能できる製品ですが、あくまでも風味を似せているだけなので紙巻きタバコとは成分がまるで異なることを把握する必要があります。しかし、電子タバコは市販化されて日が浅く、含有成分の安全性については完全に判明してはいないことを注意する必要があります。

電気仕掛けなので漏電によるトラブルには注意する

電子タバコはその名称の通り、電気で作動する製品です。充電したバッテリーを作動させて電熱線に電気を通し、カートリッジを加熱して生じた蒸気を吸引する仕組みになっています。用途の性質上、何度も充電を繰り返すことになるのでバッテリーや電熱線が次第に劣化することは把握する必要があります。性能が低下すると過放電の状態になり、扱いを誤ると漏電を起こして火傷や感電などのトラブルに遭う可能性は否定できません。電子タバコの破損から火災に至るおそれもあるので、定期的に新品と買い替える必要があります。電子タバコには製品ごとに安全性を保てる使用回数や耐用年数が明記されているので、必ず情報を確認して正しく扱うのが快適に楽しむための心得です。