電子タバコは何歳から?

基本的には年齢制限は無いが例外もある

電子タバコは紙巻きタバコに代わる嗜好品として広く普及しています。手軽に購入できる一方で未成年者の使用が問題視されることもありますが、日本で販売されている電子タバコはニコチンが含まれておらず、法律上もタバコとは別物として扱われるため年齢制限は存在しません。そのため、未成年者が使用しても法的なペナルティはありません。しかし、含有成分が体にもたらす影響が明確ではなく、使用する仕草が紙巻きタバコと酷似しているので紛らわしいなどの理由から未成年者には販売しない小売店が多いのが実状です。また、外国から輸入されている電子タバコの中にはニコチンやタールが含まれている物もあります。そのような製品は紙巻きタバコと同様の影響を及ぼすので未成年者が扱うには不適当です。

未成年者の嗜好品として不適当な理由

日本製の電子タバコはタバコに形状が似ているだけの別物という扱いなので、未成年者でも使用は可能です。しかし、電子タバコは紙巻きタバコの代用品として普及した製品です。紙巻きタバコを吸っているのと同じような感覚を楽しむための嗜好品なので、電子タバコを吸った経験から紙巻きタバコを欲するようになる可能性は否定できません。特に外国製の電子タバコは本物のタバコの葉の成分を吸引する仕組みになっている物もあるので、気づかないうちに喫煙と同じことをしていたというケースもあります。未成年者がタバコを吸う理由の多くが大人のマネであることから、紙巻きタバコと同じような仕草を繰り返す電子タバコは未成年者に与えるものではないとするのが現状です。