電子タバコの仕組み

火ではなく電気を使う

タバコを吸うときにはタバコの葉に火を点けて楽しみます。昔のスタイルだとキセルやパイプ、葉巻などがあり最近だと紙巻タバコがあるでしょう。どのタイプにしても葉に火を点けてそこから出てくる煙などを吸って楽しむ仕組みです。ではタバコの名がついている電子タバコはどんな仕組みかですが、こちらは火ではなく電気の力で楽しめるようになっています。加熱をする部分と香りの付いた液体を入れる部分があり、液体を加熱して出てきた水蒸気を吸って香りを楽しみます。タバコは煙に有害物質がたくさん入っていますが、電子タバコは煙ではなく水蒸気なのでタバコのような有害物質は含まれていません。加熱する部分にバッテリーが付いていて、バッテリーに充電をしておけばいつでも吸えます。

加熱式タバコとの違い

タバコの他に加熱式タバコと電子タバコが良く出回るようになりました。人によっては両者を同じように考えている人もいますが、全く別物になるので注意が必要でしょう。加熱式タバコは火を点ける紙タバコと同様にタバコの葉から作ったカプセルを加熱しその時に発生する水蒸気を吸います。燃焼による有害物質はほとんどありませんが、タバコの葉に含まれるニコチンは摂取されます。電子タバコはタバコの葉と関係のないリキッドを加熱し、その時に出る水蒸気を吸います。海外製のリキッドにはニコチン入りのものもありますが、日本で売られている物には入っていません。電気で加熱して水蒸気を吸う点では近いですが、加熱する対象が全く異なるので加熱式タバコと電子タバコは全く別物と考えた方が良いでしょう。